忍者ブログ
やんちゃな子猫割引定期
2017/11月
≪10月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30   12月≫
[22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『英国は、誇りに思う何も持木屋町 キャバクラ>ちません』ために、泣き事をいう人々は、すねたティーンエイジャーらしいです少なくとも、我々の帝国主義の過去は直面されました、多くの国は彼らにはそれがあると子供に教えさえさえしません。



私は、偶然イングランドと英国が誇りに思う多くを持つと思うことが起こります。



数カ国が人々に恐ろしいことをまだする間、しばしば宗教の名において、我々はなんとか我々自身をそれ世紀に引きちぎることができています。



我々が非宗教的なままの限り、そして、資源を捨てるのを止めてください、そして、我々が冷戦心理に巻き込まれない限り、それから、ペニシリン、電車とコンピュータが来た所で、小さい島に対する多くの望みがあります。



最初の思案、創造性と適切に現代化する(後ろへのデーリーメールそれが官公庁に入る間、それはカナダスクエアでわずかな予備銀行業務の大地主で我々の前髪をそれしているか、国際的なスペースプログラムに参加している間至る所にそれを持つことを意味しません)ことを賛美し始める時間です。



英国らしさの感覚を我々が本当に得意なようであるそれつのもの(ばかを卸売りに製造すること)から分離する方法以外の我々は、ごくわずかな努力ででなくしか、非常により大きい国から世界で非常に最高のチームの全てを打つことができるフットボールチームを生産することよりこれが得意に見えます。



ストレンジは、それです。



明らかに、家をおおう巨大なジョー京橋 セクキャバ 情報>ジ十字勲章を買う人々のタイプは、とてもどうにか、『イングランド』をそれに印刷しておく必要もあります、十分にテレビで大きく叫びませんでした。











PR

Powered by Ninja Blog
template by Temp* factory    phot by FOG.
cat of model by Cat Cafeねころび

忍者ブログ [PR]